わたしの万華鏡

~ 職員のエッセイ集 ~
← 太陽光発電   研修旅行2012 立山・上高地 (5/11-13)  ~1班~ →


研修旅行2012 ここは日本?! (5/18-20)  ~2班~

エッセイ
先週の第1班に引き続き、第2班として社員旅行に参加させていただいた。
天気予報では1班と違い日頃の行いが良いため、3日間とも概ね晴れとのこと。

飛行機で中部国際空港に到着。
バスに揺られながら昼食の弁当を食べ、白川郷へ。



アジア系の観光客に混じり集落を散策。
こんな所で暮らしているなんてすごいなと感じながら、合掌造りの家やお土産屋を巡った。
 展望台から眺めるかやぶき屋根の集落は、まるでタイムスリップしたかのような新鮮なものだった。
 機会があれば次は雪景色の白川郷を是非観てみたい。
 白川郷を後に1泊目の宿、庄川温泉三楽園に到着。
おいしい料理とお酒を楽しんだ。

 2日目はアルペンルート。


今も残る雪と絶景、黒部ダムを巡った。
 標高2390m地点は気温3℃、積雪15m。
 立山駅からケーブル、高原バスと乗り継ぎ室堂へ。
展望台から観た山脈は、ここは日本?と思うような大パノラマだった。
 いつまで観ていても飽きない雪山世界を後に、トロリーバス、ロープウェイ、ケーブルに乗り黒部ダムへ。
あいにく放流の時期ではなかったが、水面に映る山々の美しさと、延べ1000万人超えの作業員、殉職者171人も出して造った巨大ダムは、自然の強さとそれに挑む人間のドラマが心に残った。



 そんな黒部ダムを後に、トロリーバス乗り場ではジャ○ネットたかやま!?的な駅員さんがアルペンルートの写真集を売っていた。
その後、大王わさび農場に寄り2日目の宿、平湯温泉山がの湯へ到着。
話に聞いていた通り、よくしゃべる仲居さんがとても印象的だった。



 3日目、旅も最終日。最初に上高地へ向かった。
大正池に映る北アルプスはとても美しかった。
大正池からかっぱ橋まで歩き、北アルプスを眺めながらお土産屋を巡った。
ちなみにトイレ利用料は100円程度。程度の範囲って・・・?
 かっぱ橋を後に赤かぶの里で休憩を挟み、今回の旅最後の観光地、飛騨高山の町並みを散策。

 北アルプスの山々をまた別の季節に観てみたいなと思いながら、バスは中部国際空港へと向かった。
バスの中では北アルプスでロケをした「岳」を流してくれたが寝てしまった。

 行く所行く所でお土産やへ入る職員、食べ歩きをする職員。(飲み勝負で)「負けない!」と言いながら夜すぐに寝る職員と、それぞれ十分満喫できただろう。

 最後になりましたが、こんなご時世に社員旅行に行かせていただいた病院と、お世話をしてくれた幹事さん、ありがとうございました。

( Y.M./ヘルパー )

  ~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~~♪~~~~

 電車 電車 行 程 表 バス バス

 【1日目】
           
松山空港✈✈中部国際空港===白川郷(荻町合掌集落散策)===五箇山===庄川温泉

   
 【2日目】
       立山黒部アルペンルート
         ケーブル  高原バス トロリーバス  ロープウェイ  ケーブル
ホテル===立山∧∧∧美女平=====室堂=====大観峰≒≒≒黒部平∧∧∧黒部湖
   

徒歩    トロリーバス 穂高町安曇野の人気スポット  野麦街道  温泉情緒に堪能
……黒部ダム====扇沢====大王わさび農場====奈川渡ダム====奥飛騨温泉郷 

                                                                             
 【3日目】
              誰でも一度は訪れたい日本の名勝地 
ホテル=====上高地(大正池・かっぱ橋付近散策)====飛騨高山(陣屋・上三之町界隈町並み散策)

=====中部国際空港✈✈✈松山空港
 


飛騨のさるぼぼ を知しっとるかい??     


△ ページトップへ

文字の大きさを変更できます
▲大きく ◆標準 ▼小さく

〒791-3120
愛媛県
伊予郡松前町筒井1592
TEL:089-984-1300
FAX:089-984-1377

RSS 1.0